若ハゲ番長がわずか3ヶ月で薄毛を克服した

最強の育毛法

クリニックでもその効果が確認されているその薄毛治療法は・・・

※ビフォーアフターの写真もあります

キャピキシル徹底検証!ミノキシジルの3倍の効果は本当なのか?

最近、何かと話題になっているキャピキシル

キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果!

などと、まことしやかにささやかれていますが、果たして本当なのか?

 

キャピキシルの効果について製造元のルーカスマイヤーコスメティクス社が出しているデータを元に徹底的に検証してみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

キャピキシルにミノキシジルの3倍の効果があるとする根拠

こちらが、ルーカスマイヤーコスメティクス社が出しているデータのうち、キャピキシルにミノキシジルの3倍の効果があるとする根拠に当たる部分だと思われます。

キャピキシルデータ対ミノキシジル

まず、タイトルに”Ex vivo”とありますが、これは培養された細胞組織で行われた実験であることを意味します。

つまり、この結果は実際の人間の頭皮で起こったことではないということです。

この実験は培養された細胞(毛母細胞など)を使って、それにミノキシジルを添加した場合と、アセチルテトラペプチド-3を添加した場合を比較したものでしょう。

 

次に図をみてみると

ミノキシジルが52%

アセチルテトラペプチド-3が156%

という、グラフになっています。

これを比較すると確かにアセチルテトラペプチド-3(キャピキシルに含まれる成分)がちょうどミノキシジルの3倍になっています。

 

じゃあ、これ、何が3倍になっているのかということなんですが・・・

このグラフの縦軸は”Hair growth activity”という指標になっています。

 

つまりこの実験結果を解釈すると

 ミノキシジルを培養細胞に添加した場合、何も添加しない時と比べて”Hair growth activity”が、52%増加した。

それに対して、

 キャピキシルを培養細胞に添加した場合、が何も添加しない時と比べて”Hair growth activity”156%増加した。

ということになります。

 

この実験によると、確かに、この”Hair growth activity”を増加させること関してはキャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があると言えるんですが・・・

”Hair growth activity”って何やねん!!!!

っていう疑問が(;´∀`)

 

残念ながら、この資料に載っているデータだけでは”Hair growth activity”については何もわかりません。

おそらく、この実験が培養細胞による実験であることを考えると、髪の毛が生える方向に細胞が刺激を受けた際に分泌される何らかのシグナルを数値化したものだと推測できます。

推測は出来るんですが、なんなのかはよくわかりません(^_^;)

 

キャピキシルはミノキシジルの3倍生える???

ミノキシジルの3倍の効果!って言われた時に、普通の人が想像する内容って、ミノキシジルの3倍毛が生えるってことだと思うんですよね。

実際、僕もそうだと思っていました。

 

例えば、

 AGAの人、100人にミノキシジルを4ヶ月使ってもらったところ、何も使用しなかった100人に比べて1平方センチあたりの毛髪の本数が50%増加した。

一方で、

 AGAの人、100人にキャピキシルを4ヶ月使ってもらったところ、何も使用しなかった100人に比べて1平方センチあたりの毛髪の本数が150%増加した。

みたいな実験結果であれば、わかりやすくキャピキシルはミノキシジルの3倍、毛を増やす効果があったと言えるんですよ。

実際に、毛の本数がミノキシジルを使用した場合に比べて3倍増えているわけですから。

 

しかし、「キャピキシルがミノキシジルの3倍の効果」だとする根拠としているデータでは、ミノキシジルを使用した場合に比べて、”Hair growth activity”が3倍に増加した、ということしかわかりません。

 

したがって、

「キャピキシルを使えばミノキシジルの(本数を基準として)3倍毛が生えるか?」

と聞かれれば、

わからない

というのが正直な答えになります。

 

キャピキシルは効かないのか?

もう、これだから育毛業界は・・・

すぐに誇大広告に走りやがって・・・

とか言われそうなんですが、一応フォローしておくと

キャピキシルは細胞を発毛の方向へ向かわせるなんらかのシグナル(”Hair growth activity”)をミノキシジルの3倍発生させている

という事実は間違いないです。

つまり、実際にミノキシジルの3倍生えるかどうかはわからないけど、少なくともミノキシジルと同等以上の効果は期待できると考えられます。

 

 

じゃあ、実際に使ってみた人のデータはないのか?

ってことなんですが、これもルーカスマイヤーコスメティクス社が公開しているデータの中にありました。

こちらです。

 

キャピキシルの臨床データ

実験条件

キャピキシル臨床データプロトコル

これはどのような条件で実験を行ったかの説明。

ざっくり訳すと、

 30人のAGA患者(平均年齢46歳)に協力してもらった。

 そのうち15人にはキャピキシルを、残りの15人にはプラセボ(偽薬)を使用してもらった。

 1日1回夜にそれぞれ20滴を、4ヶ月間使用してもらった。

 4ヶ月後、使用前と頭髪の状態を比較した。

という感じです。

※プラセボというのは有効成分の入っていない偽の薬で、キャピキシルを使用した場合と比較するために使用してもらいます。

 

計測方法

キャピキシル臨床データ検査方法

毛髪の増減の計測方法の説明です。

TrichoScanという画像診断装置を使って計測しています。

まず、髪の一部を剃ってその直後にスキャンし、さらに3日置いてからスキャンします。

これによって、3日の間に伸びた毛と伸びていない毛が分かります。

 

つまり、

伸びた毛=成長期の毛髪

伸びていない毛=休止期の毛髪

ということになります。

(髪は1日に0.3ミリ程度しか伸びないので、3日だとほんのちょっとしか伸びないんですが、その程度の差でもこの画像診断装置は検出できるようです)

このような計測を行うことで、成長期の髪の本数と休止期の髪の本数がわかります。

 

この計測を行うのが、キャピキシル(およびプラセボ)使用してもらう前。

そして、使用後にもう一度同様の計測を行います。

で、使用前後の成長期の髪の本数および休止期の髪の本数がキャピキシル使用後にどう変化したかを見れば、キャピキシルの効果がわかるというわけです。

 

使用前後の画像比較

キャピキシル臨床データ写真

まずは、キャピキシルの使用前と使用後の画像比較。

上が使用前、下が使用後です。

見ればわかると思いますが、明らかに使用後の方が本数も増え、髪の密度が上がっています。

 

成長期、休止期の毛髪の本数の変化

キャピキシル臨床データ休止期成長期増減

これはキャピキシル使用前後の成長期の髪の本数の変化と休止期の毛髪の本数の変化をグラフにしたものです。

 

成長期の髪の割合

成長期の髪の割合は

 プラセボ⇒2%減少

 キャピキシル⇒13%増加

と、確かにキャピキシルを使用した方の方が成長期の髪が増加しています。

つまり、

成長期の髪が増えた ⇒発毛が促進した

ということができます。

 

休止期の髪の割合

逆に休止期の髪の割合は

 プラセボ⇒23%増加

 キャピキシル⇒29%減少

と、キャピキシルを使用した方の方が減少しています。

 

つまり、

休止期の髪が減った⇒抜け毛が減った

ということになります。

 

成長期の髪と休止期の髪の割合の変化

キャピキシル臨床データ休止期成長期比率

こちらは成長期の髪の本数を休止期の髪の本数で割った値の変化。

プラセボは4ヶ月間で33%減少しているのに対して、キャピキシルは46%増加しています。

 

この結果からキャピキシルには発毛を促す効果と抜け毛を抑制する効果の両方があることがわかります。

 

ミノキシジルとの比較

で、じゃあ、これってどれくらい効くの?って話なんですが、これまたミノキシジルと比較することは難しいです(´・ω・`)

ミノキシジルの臨床データには1平方センチあたりの「毛髪の増加本数」が出ていて、それによると、5%のミノキシジルを4ヶ月使用した場合、1平方センチあたり約22本毛髪が増加しています。

 

つまり、言い換えると、1平方センチあたり約22本毛髪が新たに生えてきています。

一方でキャピキシルのデータは成長期の髪および休止期の髪の増減でデータが整理されているので、比較することができません

 

で、やっぱり、臨床試験のデータを見てみても、「キャピキシルを使えばミノキシジルの(本数を基準として)3倍毛が生えるか?」は分からないという事になってしまいます(´・ω・`)

なんか、身も蓋もない結論ですいません。、

 

キャピキシルで髪の毛は何本増えたのか?

わかりません、終わってしまうのもなんなので、もうちょっとだけ検証してみましょう。

上にのキャピキシル使用前後の頭髪の写真なんですが、その写真で実際に何本髪が増えているのか、数えてみました。

(成長期の髪、休止期の髪は区別せずに本数だけを数えています)

キャピキシル臨床データ本数カウント

画像をプリントアウトして、数え間違えないようにチェックを入れながらカウントしています。

 

カウントした結果

使用前⇒125本

使用後⇒186本

つまり、増加量は61本

結構、増えています(゚д゚)!

 

が、しかし・・・

この円の面積が一体どれくらいなのか?それがわかりません。

残念ながらスケールもないので(;´∀`)

上にも書いたとおり、ミノキシジルのデータは1平方センチあたりの発毛本数で現してあるので、増加本数がわかってもそれが「どれだけの面積の頭皮における増加なのか」がわからないと比較ができないんです・・・。

 

仮にこの円が1平方センチだとすれば、本数における増加量でもキャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があったといえるんですが・・・

しかし、手に入るデータから検証できるのはこれくらいが限界のようです。

 

まとめ

なにやら、小難しい考察を繰り広げてきましたが、結論をまとめると

 「キャピキシルを使えば(本数基準で)ミノキシジルの3倍生えるかどうか」はわからない。

 ただし、公表しているデータを見る限りだとしっかりとした科学的根拠に基づく発毛効果が確認できる。

という感じです。

 

検証してみて、僕の印象ですが、「ミノキシジルの3倍の効果」というのは商売的にインパクトを出すために持ってきたんじゃないか、という印象を受けました。

しかし、

そもそも、こんな風にきちんとしたデータを公表している育毛成分がほとんどないことを考えると、それをちゃんと公表しているキャピキシルは遥かに信頼性が高いです。

実際問題として、ミノキシジルの3倍なんて宣伝しといて全く効果がなかったらクレームの嵐になることは、火を見るより明らかな訳で(^_^;)

 

なので、使って見る価値は十分にあると、僕は考えています。

というか、今現在、キャピキシル配合のDeeper3Dを使ってみています(笑)

クソ高いですが((((;゚Д゚))))

 

実際に使ってみての効果などはまた報告するのでお楽しみに(*´ω`*)

 

元データ

※※この検証の元ネタになっているキャピキシルのデータはDeeper3D販売ページからダウンロードできます。

サーバー負荷の関係で、このブログのサーバーに元ネタのPDFは載せていません。

 

Deeper3Dのキャピキシルに関する記述がある箇所にダウンロードリンクがあります。

Deeper3D実験データ

目立たないですが、上の写真の緑色のボタンを押せばダウンロードできます。

原本を見てみたい方は、各自ダウンロードしてみてください。

⇒Deeper3D販売ページ

 

 

キャピキシル配合育毛剤一覧

上にあるようにキャピキシルを最初に配合したのはDeeper3Dなんですが、現在はキャピキシル配合の育毛剤が増えてきています。

現時点でキャピキシルを配合している育毛剤を一覧にしておくので参考にしてみてください。

 

 Deeper3D(ディーパー3D)

キャピキシルを最初に配合したスカルプエッセンス。キャピキシル以外にも「成長因子」を中心に多数の育毛成分が配合されている。

通常価格

1本あたり14,590円(税込)

割引価格

1本あたり10,211円(税込)

※6本まとめ買い時(30%OFF)

※まとめ買い割引以外にポイント5%還元あり

返金保証

購入後14日以内であれば全額返金。ただし、お試し用の10mlボトルのみの使用で、製品本体を開封した場合は返金不可。

 

>>Deeper3Dについて詳しくはこちら

 

 THE SCALP 5.0C(ザ・スカルプ5.0C)

ザスカルプ

キャピキシル以外は主に今までによくあった育毛成分。

通常価格

1本あたり15,000円(税込)

割引価格

1本あたり10,000円(税込)

※定期コース申し込みの場合。最低2回以上の継続が条件。

返金保証

商品到着後60日以内であれば全額返金。最大2本分まで返金可。ただし、初回購入の場合のみ。返金保証利用後は再購入不可。

 

>>ザ・スカルプ5.0Cについて詳しくはこちら

 

 BOSTON scalp essence(ボストンスカルプエッセンス)

ボストンスカルプエッセンス

キャピキシル以外にもミノキシジルの類似構造をもつピディオキシジルを配合している。さらにフラーレンなどの高級成分も配合。

通常価格

1本あたり15,984円(税込)

割引価格

1本あたり8,928円(税込)

※3本定期コース申込の場合。最低3回の継続が条件。

返金保証

180日間の返金保証。期間内であれば、1本分の代金は返金可。ただし、セット品、定期コースは除く。

 

>>ボストンスカルプエッセンスについて詳しくはこちら

 FINJIA(フィンジア)

フィンジア

キャピキシル、ピディオキシジルの配合に加え、カプサイシンを使用したゲートアクセス理論により、成分の浸透を促す。

通常価格

1本あたり12,800円(税込)

割引価格

1本あたり9,980円(税込)

※定期コース申込の場合。1回で中止も可

返金保証

商品到着後30日以内であれば1本分の代金全額を返金可。ただし、初回購入の場合のみ。

 

>>フィンジアについて詳しくはこちら

キャピキシルを配合したスカルプエッセンスは”育毛剤”ではない

キャピキシルは厚生労働省が認めた成分ではないので、配合すると医薬部外品としては認められません。

(今のところ、法律的にはキャピキシルを配合すると、自動的に「化粧品」のグレードになるみたいです)

つまり、キャピキシルを配合している”スカルプエッセンス”はすべて法律上の分類では「化粧品」となります。

 

”育毛剤”という表記は医薬部外品にのみ許された表記です。

「化粧品」であるキャピキシル配合のスカルプエッセンスは”育毛剤”という呼び方はできません。

 

上では面倒くさいので一般に浸透している”育毛剤”という呼び方をしていますが、法律上は”スカルプエッセンス”と呼ばなければなりません。

日本の面倒くさい法律のせいで、こういうややこしいことになっていますが、キャピキシルの効果については紹介したデータが示している通りです。

 

(実際の効果がどうであれ)厚生労働省が認めた成分を配合したものしか「医薬部外品(育毛剤)」と呼べない。

(実際の効果がどうであれ)厚生労働省が認めていない成分を配合すると「化粧品(スカルプエッセンス)」と呼ばれる。

日本の「医薬部外品」という謎の分類のせいで、こういう現象が起こってしまいます。

 

つまり、

「”育毛剤”の方が優れている」とか

「”スカルプエッセンス”は効果が無い」とか

一概には言えないということです。

”育毛剤”と呼ばれるか、”スカルプエッセンス”と呼ばれるかは、単に法律上の問題なので(^_^;)

 

こういうことがわかっていると”育毛剤”や”スカルプエッセンス”という表記にいちいち惑わされなくなるので、知っておいて損はないかと思います。

 

 

LINE@始めました!

ブログの更新情報などをこちらでお知らせしています。

いち早く情報をゲットしたい方はぜひ友達になっておいてください( ´∀`)bグッ!

矢印

スマホの方

スマホの方はこちらをタップすれば友達登録ができます(*´ω`*)

友だち追加数

PCの方

PCの方はスマホから下のQRコードを読み込むか、LINEの検索で「@wakahagebancyo」で検索してください(@マークは必須です)

ではでは、LINEでお待ちしていますm(_ _)m

【読むだけで生える】若ハゲ番長のAGA基礎講座【無料】

意外と知られていませんが、

薄毛は80%以上のケースで

治すことができます

どうやって治すのか?その方法はAGA基礎講座で

※ビフォーアフターの写真もあります

番長イチオシの育毛サプリBOSTON!

↓BOSTONについて詳しくはこちらをクリック↓

>>BOSTONの詳細レビューはこちら<<

 

14件のコメント

  • みん

    いつも読ませていただいています。
    番長の最強セットと同じものを使い2ヶ月経ちました。
    生え際もかなり濃い産毛が生えてきました。
    今、ボストンをこのまま使い続けるか、リジン1200mgを一日2回に分けて飲むか悩んでいます。
    ボストンは3箱まとめ買い定期でも一月5,000円程度しますしお金の負担を考えると同じような効果のものなら少し費用が収まるリジンでも良いのか
    なぁ?という感じです。
    現在は、ミノタブ5mg、フィンペシア1mg、ボストン1日3粒、ジンク1粒、塗りミノ15%を朝晩しています。
    番長はどう思いますか?
    よろしくお願いします。

    • 若ハゲ番長 若ハゲ番長

      みんさん
      コメントありがとうございます。

      効果が出てきているようで何よりです(*´∀`*)

      リジンについてなのですが、実はなんでそんなに育毛にいいことになってるのか、僕は全然知らないんですよね(;´∀`)
      なんと。

      確かに前々から「薄毛にはリジン」という風潮があることは知っていましたが、じゃあなんでリジンがいいのだろうと、思って調べてみても、リジンが育毛によいという根拠が見つからなかったということがありまして。
      リジンがミノキシジルの効果を増幅する、という話はよく聞くんですが、その元になっているデータは見つけられていない状態です(^_^;)
      なので、リジンが育毛にいい理由を知っている人がいたら教えて欲しいんですが・・・。

      で、栄養補給という意味であれば、リジンよりもマルチビタミンなどのほうがいいと思います。
      リジン単体のようにアミノ酸1種類だけを摂るよりも、マルチビタミンのように複数の栄養を総合的に補給できる方がバランスがいいので。
      ネイチャーメイドのものなら、オオサカ堂とかで安く買えたと思います、確か。
      すべての栄養素をバランスよく摂れるという意味であればBOSTONが最強ですが、コストを抑えたいのであればネイチャーメイドのマルチビタミンもアリかと。

      参考までに。

  • ガリバー

    仕事上よくパソコンを使うのですが
    やはり、パソコンが頭髪に影響をあたえてしまうことはあるのでしょうか?

    一応、ホットアイマスクなどで
    目のケアをしているつもりですが
    それだけでは不十分ですかね?orz

    • 若ハゲ番長 若ハゲ番長

      ガリバーさん
      コメントありがとうございます。

      パソコンが頭皮に影響をあたえるという話は聞いたことがありません。
      オフィスワークばかりで運動不足になり血行が悪くなる、という可能性はあるかもしれませんが・・・。

      多分、気にしすぎだと思います。

      参考までに。

  • フランキー

    番長さん、はじめまして。
    いつもブログ楽しく拝見させてもらいながら、ポラリス塗りたぐってます!
    これからも応援してます、頑張ってくださいね!

    • 若ハゲ番長 若ハゲ番長

      フランキーさん
      コメントありがとうございます。

      ワンピースは大好きです(笑)

      応援ありがとうございます。
      頑張って更新してまいります∠( ゚д゚)/

  • へいじ

    初めまして。いつも大変参考にさせて頂いております。
    早速ではありますが、ご相談させて下さい。
    昨年7月よりフィンペシア、ポラリス08、zincを使用しており、抜け毛の減りを実感しておりました。ポラリス1本使い切ったあたりから、頭皮にヒリヒリした痛みを感じ、そこからはフィンペとzincのみの使用にしておりました。
    そして、先月からミノタブ5mgを服用し始めましたが、1か月程で以前にもあったような頭皮の痛みを感じ、ミノタブの使用をやめて今日で3日目になります。ミノタブの初期脱毛なのか、ここ1週間ほど抜け毛が今までにないくらい増えています。
    突然で分かりにくい文章で申し訳ありませんが、番長様のご意見を聞かせて頂けないでしょうか。もし過去のコメントやブログ内に同じような内容がありましたらご容赦ください。
    何卒よろしくお願いします。

    • 若ハゲ番長 若ハゲ番長

      へいじさん
      コメントありがとうございます。

      ミノタブで頭皮の痛みが出る、という話は初めて聞きました。

      >ミノタブの初期脱毛なのか、ここ1週間ほど抜け毛が今までにないくらい増えています。

      ミノタブを飲み始めて1ヶ月が既に経過しているということであれば、初期脱毛ではないと思います。
      初期脱毛にしては遅すぎるので。

      抜け毛の本数は正確にカウントされていますでしょうか?
      単にブラッシングの際に抜け毛が増えた、という程度であれば勘違いの可能性もあります。
      人間の観察は心理状態に大きく影響を受けるので。

      今までに聞いたことがないケースなので、僕もよくわからないというのが正直なところです。
      すいません。

      気になるようであれば、AGA専門のクリニックに相談したほうがいいかもしれません。

      参考までに。

  • 小野

    番長さんは、ココナッツオイルまだ使っていますか?
    先月、注文していたオイルが届いたので。

    • 若ハゲ番長 若ハゲ番長

      今も使ってますよ( ´∀`)bグッ!

  • はげパラダイス

    はじめまして。いつも楽しく読ませて頂いています。
    若ハゲ番長さんはご結婚されてフィナをやめるとのことですが、ポラリスの10についてどうされる予定でしょうか。
    個人的には成分が直に触ってしまう確率の高い外用の方がリスクが高いのではないか、と思いまして…。
    若ハゲ番長さんのご意見を聞かせてください。
    恋愛系の話も楽しみにしております。

    • 若ハゲ番長 若ハゲ番長

      はげパラダイスさん
      コメントありがとうございます。

      そうなんですよ。
      冷静に考えるとNR-10にもフィナステリドは入ってるんですよね(;´∀`)

      まぁ、先月から塗るのが面倒くさくなってNR-10はやめてたんですが(爆)
      暑くなってくるとNR-10はべたつくっていうのもあるので、当面は使わないと思います。

      外用薬に配合されているフィナステリドは非常に濃度が低いので、女性が触れたとしてもリスクは小さいと思いますが、万全を期すのであればやめたほうがいいかと。

      参考までに。

  • AGA

    オオサカドウでzincを頼み、毎日飲んでいるのですが、30mgは多すぎますか?

    • 若ハゲ番長 若ハゲ番長

      AGAさん
      コメントありがとうございます。

      亜鉛の摂取上限は50mgと言われています。
      30mgであればその上限内です。

      ZINCはまれに胃が荒れるという人もいるので、そういう症状があるのであればもっと用量の少ないサプリに替えたるのもありだと思います。

      参考までに。