二重盲検試験とプラセボについて

二重盲検試験プラセボよくプロペシアやミノキシジルの効果の話で『二重盲検試験(ダブルブラインドテスト)で効果が認められた』というフレーズを耳にすることがあると思います。

 

二重盲検試験ってなんだか難しい響きですが、やってることはそんなに難しいことではありません。

一般の人には耳慣れない言葉だとは思いますが(^_^;)

 

簡単に言ってしまえば『科学的に厳密に薬の効果が測定する方法』なんですが、今回はちょっと詳しく見ていきたいと思います。

 

患者は本物なのかプラセボなのか知らされない

この二重盲検試験ではは、被験者を2つのグループに分けます。

そして、それぞれに有効成分の入った通常の薬と、入っていない偽薬(プラセボ)を与えます。

被験者にはどちらの薬が与えられているのかは知らせられません。

 

プラセボはあまり耳慣れないかもしれませんが、プラシーボ効果という言葉なら聞いたことがあるじゃないでしょうか?

人は不思議なもので、「この薬は効くんだ!!」と思って薬を飲むと、たとえそれがただの小麦粉であっても病気がよくなることがあるんです。

これがプラシーボ効果というやつです。

「病は気から」って言うのはある意味本当で、効くと思って飲んだ薬は本当に効きやすくなるんです。

 

しかし、これは薬の有効性を測定するときには困ります。

だって「この薬は効くんだ!」と思って飲むと、実際にはその薬に効果がなくても効いてしまうわけですから(^_^;)

 

そこでこのプラシーボ効果の影響を排除するために、被験者を二つに分けて、それぞれのグループに有効成分の入った薬と有効成分の入っていないプラセボを与えて効果を比較します。

要はプラセボを与えられたグループは対照実験です。

 

たいていプラセボでも一定の効果があります。

有効成分の入った薬を飲んだグループの方が、プラセボを飲んだグループ以上の改善がみられた場合に、初めてその有効成分に薬効があると認められるというわけです。

 

医者も自分がどっちの薬を渡したのか知らない

で、

さらに薬を渡す側である医師もその薬が本物であるのか、プラセボであるのかは知らされません。

医師がその薬が本物なのかどうかを知っていたら、渡すときに表情とかでバレちゃうかもしれませんからね。

渡すときにやたら挙動不審だったりとか(笑)

そういった影響を排除するために医師自身にも薬の真贋は伝えられません。

 

二重盲検試験の「二重盲検」と言われる理由はまさにここで、患者と医者の両方にどちらの薬なのかを知らせずに行う試験だから二重盲検試験と呼ばれています。

 

プロペシアの臨床試験を例に取ると・・・

例えば、プロペシアの場合だとプラセボで被験者の6%が薄毛の改善が見られたのに対し、有効成分フィナステリドが入っている薬を飲んだ被験者は58%が改善しました。

6%と58%で明らかにフィナステリドが入っている方が改善しているので『プロペシアには薄毛の改善効果がある』と科学的に認められるわけです。

 

改善率80%以上!最強の育毛法

若ハゲ番長がわずか3ヶ月で薄毛を克服した

最強の育毛法

クリニックでもその効果が確認されているその薄毛治療法は・・・

>>最強の育毛法について詳しくはこちら<<

 
※ビフォーアフターの写真もあります

 

[email protected]

こちらで最新情報をお届けしています。

いち早く情報をゲットしたい方はぜひ友達になっておいてください( ´∀`)bグッ!

矢印

スマホの方

スマホの方はこちらをタップすれば友達登録ができます(*´ω`*)

友だち追加数

PCの方

PCの方はスマホから下のQRコードを読み込むか、L[email protected](@マークは必須です)

ではでは、LINEでお待ちしていますm(_ _)m

番長イチオシの育毛サプリBOSTON!

↓BOSTONについて詳しくはこちらをクリック↓

>>BOSTONの詳細レビューはこちら<<