臨床データが示すBOSTONの育毛効果

先日、BOSTONの販売元であるエスロッソさんにお伺いした時の話。

衝撃の事実を知らされました。

え!!?

BOSTONって臨床試験のデータがあるんですか!!???

 

そう実はBOSTONは既に臨床試験が行われそのデータが論文として公表されているのです。

で、実際にBOSTONのデータが載っている論文がコレです。

エスロッソさんを訪問した際にコピーをいただいてきました。

著作権的に載せていいのかどうか微妙なところですが、写真だしちょっとボケてるので大丈夫でしょう(多分)

 

BOSTONって何?って方はこちら

育毛サプリBOSTON

 

BOSTONの臨床試験データ

こちらが写真。

BOSTON臨床データ

BOSTON臨床データ

ちゃんとBOSTONの名前が入っています。

BOSTON臨床データ

BOSTON臨床データ

書いてあることを簡単にまとめると。

10名の被験者にノコギリヤシ含有サプリメント(BOSTON)を5週間継続して摂取してもらった。

摂取前、摂取後で頭皮および頭髪の状態を検査した。

その結果。

1.頭皮の毛穴の状態について有意な改善が見られた

2.毛髪の太さについて有意な改善が見られた

3.被験者自身の主観評価で「洗髪時の抜け毛」において有意な改善が見られた

4.被験者自身の主観評価で「髪の手触り感」「髪のセット」において改善傾向が見られた

5.有害な現象は観察されなかった

 

「有意な」という言葉は統計学を勉強したことのない人にとっては、聞きなれないと思うので簡単に説明しておきます。

「有意な」というのは、「確率的に偶然とは考えにくい」という意味で、

例えば、上の2で「毛髪の太さについて有意な改善が見られた」と書いていますが、これは噛み砕いて言うと

「10人の被験者全員が単なる偶然で、これだけ毛が太くなることは確率的に考えられないので、毛が太くなったのはBOSTONを摂取したことが原因だよね」

という感じになります。

 

まぁ、面倒な言い回しではありますが、要は「有意な改善が見られた」ということは「サプリの効果が改善があった(可能性が高い)」ということです。

この試験では、プラセボ(有効成分の入っていないニセのサプリ)を使った比較調査をしていないので、厳密な意味で効果があるということはできません。

もしかすると、みんなただ単に思い込が原因で(プラシーボ効果で)効果が出ているだけかもしれないので。

※プラセボって何?という方はこちらの記事で詳しく書いています

プラセボと二重盲検試験

 

しかし、それがプラシーボ効果かどうかを置いておいても、このデータからBOSTON自体に効果があることはほぼ間違いないわけです。

育毛サプリというジャンルで、臨床試験レベルで効果を証明しているサプリって他にはないです(多分)。

 

加えて、個人的には、これはプラシーボ効果ではなくサプリの効果で改善していると考えています。

というのも、実はノコギリヤシ自体に薄毛の改善効果があることが、臨床試験レベルでかなりわかってきているからです。

例えばこの論文など。

”Comparitive effectiveness of finasteride vs Serenoa repens in male androgenetic alopecia: a two-year study.”

この論文の結果なども考えると、ノコギリヤシを配合しているBOSTONには「薄毛の改善効果がある」とハッキリ言い切って良いのではないか、と。

 

天然成分による薄毛治療があまり発展しない理由

僕もこのブログを始めた当初は「医薬品使うのが一番いいに決まってるだろ」と考えていたんですが、現在はかなり天然成分による薄毛治療に興味を持っています。

以前は、天然成分なんてどうせ気休め程度の効果しかないだろ・・・( `д´) ケッ!

と思っていたんですが、どうやらそうとも限らない。

これはBOSTONやノコギリヤシの臨床データからも明らかです。

天然成分でも確かに効果のあるものはあります。

 

これは薄毛治療に限らないんですが、天然成分の効果って実はあまり調べられていない事が多いです。

なぜかというと、天然成分はたとえ効果があるとわかっても企業が儲からないからなんですよね。

天然成分を特許で保護することが出来ないので(^_^;)

 

例えば、ある企業が、画期的な発毛効果のある植物を発見したとします。

じゃあ、発毛効果があることを臨床試験で示そうじゃないか、となって臨床試験を行いました。

で、試験の結果、めでたくその植物を配合した育毛剤に発毛効果が認められました。

臨床試験で発毛効果があることがわかっているので、医薬品として「発毛効果」を謳うことができます。

発毛効果を謳えるその育毛剤は爆発的に売れました。

 

が、しかし、天然成分であるその植物を特許で保護することは出来ません。

当然、競合他社がその成分を使用した育毛剤を作ります。

そうなると、売上はガタ落ちします。

 

さらに、医薬品として認可を受けるための臨床試験にはとてつもない(数十億円の)コストがかかります。

競合がすぐに同じ成分を配合した育毛剤を出してきたために、その会社は臨床試験にかかったコストを回収できずに、倒産してしまいました。

(ちゃんちゃん)

 

と、こんな感じに、下手に天然成分の臨床試験なんかやってしまうと会社が潰れます(;´∀`)

そんな理由があり、商売的な意味で天然成分の効果のエビデンス(科学的根拠)を取るのは難しかったわけです。

 

天然成分を見直す動き

ですが、最近は天然成分の健康効果について見なおそう、という動きがあって、医薬品じゃないやつについても、ちゃんとエビデンスをとっていこうぜ、という流れになっています。

サプリなどの健康食品に関しても、「エビデンスのあるものについては効果効能を表示してもいいことにしよう」ってことに法律が変わりそうです。

 

現行の法律では「エビデンスがあってもなくても、健康食品(サプリ)では効果を表示することができません」

なので、どこも効果がありそうな雰囲気を匂わせようと必死になって宣伝しているわけです(^_^;)

 

でも、これって、エビデンスが全くない商品でも効果を匂わせることができるってことですよね?

なので、全く効かない詐欺商品であっても、実際に効く(そしてその証拠のデータが有る)商品でも結局、同じルールの元で宣伝しないといけないので、消費者側からするとどの商品が効果的なのかわからない。

消費者的にはその商品が効くのか効かないのか、買ってみないとわからないということになります。

それって、消費者にとってデメリットなんじゃないの?という議論もあって、これから法改正があるようです。

 

天然成分の問題点

天然成分の場合、同じ成分が配合されていたとしても、その品質が違うと効果が変わってくるという問題もあります。

例えば、同じノコギリヤシが配合されていたとしても、ノコギリヤシの産地や精製方法によって効果が変わって来てしまいます

植物の場合、育つ土壌などで含まれる成分が変わってくるので。

そういう意味では天然成分は医薬品よりも効果が保証しづらい面もあります。

 

なので、法律が変わったあとも、成分ごとに効果の表示が認められるわけではなく、あくまで製品ごとに効果の表示が認められる形になると思います。

ノコギリヤシを配合したサプリに育毛効果の表示が認められるわけではなく、あくまで製品ごとに認められる、ということです。

(もちろん、同じ製品であっても、配合成分の仕入先を替えたりしたら効果が変わってくる可能性もありますが)

 

まとめ

で、今回の話をまとめると。

 BOSTONについて臨床データが発表されていて、育毛に関して効果があるのは間違いないっぽい

 今後は天然成分メインの健康食品に関してもエビデンスが重視されることになりそう

長々と書いてきましたが、このあたりがポイントであったかと。

BOSTON以外にここまでしっかりしたデータを出してきているサプリがないことを考えると、信頼性という意味では明らかにBOSTONが一番高いです。

 

BOSTONに関しては、ああ、ここまでハッキリ効果あったんだ、っていうのに驚いてる部分もあります。

いやー、最初に選んだサプリがBOSTONで良かった(笑)

僕自身、科学的なデータのないものは基本的に信用しないので(;´∀`)

 

AGA治療を始めた当時はBOSTONも含め臨床データを出しているところは一つもなかったので配合成分とにらめっこしたり、販売元に電話したりして情報を収集するしかなかったんですよね。

これからはこうやって臨床データを公開していくのが主流の流れになっていってくれれば、僕ら消費者としても製品を選ぶときの判断基準がわかりやすくなるので、ぜひ、そうなってほしいものです。

 

 

法律については僕自身もわかんない部分が多くて、もしかすると間違っている部分もあるかもしれません。

何か間違いがあったらコメントなどで教えてもらえれば幸いです。

あと、よくわからない部分があったら遠慮なくコメント欄に書き込んでみてください。

調査可能限り調べてみます。

 

ではではノシ

 

改善率80%以上!最強の育毛法

若ハゲ番長がわずか3ヶ月で薄毛を克服した

最強の育毛法

改善率80%を超えるその薄毛治療法は・・・

>>最強の育毛法について詳しくはこちら<<

 
※ビフォーアフターの写真もあります

[email protected]始めました!

こちらで最新情報をお届けしています。

いち早く情報をゲットしたい方はぜひ友達になっておいてください( ´∀`)bグッ!

矢印

スマホの方

スマホの方はこちらをタップすれば友達登録ができます(*´ω`*)

友だち追加数

PCの方

PCの方はスマホから下のQRコードを読み込むか、LINEの検索で「@moa1611t」で検索してください(@マークは必須です)

ではでは、LINEでお待ちしていますm(_ _)m

番長イチオシの育毛サプリBOSTON!

↓BOSTONについて詳しくはこちらをクリック↓

>>BOSTONの詳細レビューはこちら<<

 

7件のコメント

  • 匿名

    ボストンとヘアーマックスと塗りミノで治療ですか
    かなり安全ですねいいと思います
    効果あったら私も真似してみたいです、番長さんはこれからは維持を目的に治療を続けるのですか?それともまだ量を増やすつもりですか?
    あと塗りミノのポラリスはnr何を使用するつもりか教えてください

    • 若ハゲ番長

      コメントありがとうございます。

      そうですね、かなり安全側だと思います。

      >番長さんはこれからは維持を目的に治療を続けるのですか?それともまだ量を増やすつもりですか?

      もう十分に満足しているので、これ以上増やそうという気はないです。
      維持できればそれでOKだと考えています。

      >あと塗りミノのポラリスはnr何を使用するつもりか教えてください

      今までどおり、NR-09がメインになります。
      合わせて他のものを使うこともあると思いますが。

  • 匿名

    いつも拝見させてもらっています。
    質問なのですが、私も最強育毛法を実践し、だいぶ薄毛が改善され、満足する結果が得られました。
    そこで、金銭的なこともあり、薬の使用を止めようと思うのですが、やはり使用を止めれば、薄毛の進行も再開してしまうのでしょうか?
    もし再開してしまうならば、せめて現状を維持するために最低限使用しなければならないものは何でしょうか。

    ちなみに、現在は番長さんが薦める最強育毛セットをそのまま使用しています。

    • 若ハゲ番長

      コメントありがとうございます。

      >そこで、金銭的なこともあり、薬の使用を止めようと思うのですが、やはり使用を止めれば、薄毛の進行も再開してしまうのでしょうか?

      使用を止めれば、基本的には元に戻ります。

      「維持するために何をすればいいのか」は僕の目下の研究課題ですね(;´∀`)
      現在、ヘアーマックスを使ってみたり、いろいろ実験してみています。

      最強セットは若干やり過ぎなので、薬の量を減らす、あるいは種類を減らすなどしても維持はある程度できるのではないか、と僕は考えています。
      ちなみに僕の場合は、ミノタブを中止して、フィナステリドを2日に1錠にしても半年くらいは全然平気でした。

      参考までに。

  • 匿名

    こんばんわ。
    ノコギリヤシには育毛効果はありません。
    ソースは私です(笑)
    3ヶ月飲み続けましたがなんの効果もないどころか薄毛が進行していくだけでした。
    サプリメントに過度な期待は禁物です。
    Bostonの臨床試験の結果もかなり怪しいです。
    まず臨床の人数(10人って、、、)が少なすぎます。期間もたったの5週間、、、
    しかも全員に効果があった!?
    プロペシアでさえ6ヶ月経たないと効果が分からない&6割りにしか効果がないのに!?
    いや~凄い効果ですね(笑)正に夢の毛はえ薬です!
    冷静に考えればあり得ないですね?
    薄毛にはプロペシア、ミノキシジルのみ効果があります。番長も前はそう言ってたじゃないですか?
    番長、フィナステリド辞めれば若ハゲに逆戻りですよ?

    • 若ハゲ番長

      コメントありがとうございます。

      >ノコギリヤシには育毛効果はありません。

      どうしてそう言い切れるのでしょうか?
      「ソースは私です」というのは理由としては極めて不十分です。
      個人の体験が万人に当てはまるとは限らないので。

      ノコギリヤシの効果については、本文に掲載したとおり、論文として臨床データが出ています。
      これに反論するのであれば、同程度以上に信頼のできるソースから理由を示さなければならないでしょう。

      BOSTONの臨床データが怪しいとする論拠についても議論が乱暴過ぎると感じます。

      >まず臨床の人数(10人って、、、)が少なすぎます

      10人ではデータが少なすぎて、自分一人の経験のほうが信頼できるという理屈がわかりません。
      データの数で言えば10対1です。
      10人分のデータの集積のほうが信頼性が高いと考えるほうが普通ではないでしょうか?

      >しかも全員に効果があった!?

      論文のどこかにそのような記述があったでしょうか?
      僕はそのような記述があったとは記憶してませんが、もしかすると僕が見落としているかもしれないので、該当箇所を教えて下さい。

      >薄毛にはプロペシア、ミノキシジルのみ効果があります。番長も前はそう言ってたじゃないですか?

      確かに以前はそのように考えていましたが、現在は考え方が変わっています。
      (と、記事本文中に書いた気がするのですが・・・)

      >番長、フィナステリド辞めれば若ハゲに逆戻りですよ?

      どういった理由からそのように断言できるのでしょうか?
      根拠を示してください。

      僕自身、考察をより深いものにするために、記事に対するご意見や反論をいただくことは大歓迎なのですが、もう少し記事の内容を正確に読んで、きっちりと持論の合理的根拠を示しながらコメントいただいたほうが、建設的な議論ができるかと思います。

      参考までに。

  • 若ハゲ太郎

    番長さん
    こんにちわ。

    毎回更新楽しみにしています。
    25歳若ハゲ(前頭部のみ)
    濡れると禿げてるのがみんなにばれます。これ以上の進行防止とどに、毛量を増やしたいと考えています。

    最近、悩んだ末、プロペシア、ミノタブ、ボストン、モンゴ流Deeper3D、Zinc
    をしています。

    プロペシアは気分により、1mgかその半分を毎日一回服用しています。ミノタブは2.5mgを毎日服用しています。
    両方とも錠剤を割って使用しています。プロペシアを割るのはよくないとは知ってますが、男子寮にいるため問題ないかと思っています。

    はじめたばかりのため当然まだ効果はありません。

    そこで質問なのですが、番長さんは、最近話題のキャピシルについてどう思われますか?ミノキシジルの3倍の効果があるとされですが。

    また、ミノタブの副作用を抑えるためにできることはないでしょうか?

    カリウム摂取(むくみ防止)
    たまに水を大量にのむ(肝機能低下防止)

    など。

    また、プロペシアを生涯(結婚後、子作り、出産含め)服用することについてどう思いますか?

    また上述の、僕のハゲ対策について、意見があればおききしたいです。だめだしなどでも大丈夫です。

    よろしくお願いします。