AGA(男性型脱毛症)とは?

最近は、薄毛の分類にAGA(男性型脱毛症)という言葉を使うようになりました。

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略です。

 

和名は「男性型脱毛症」。

直訳すると「男性ホルモンによる脱毛症」です。(多分)

一般的にハゲと言われれるものには、円形脱毛症(いわゆる10円ハゲ)とか、脂漏性脱毛症など症状や原因によっていくつか分類があります。

その中で男性ホルモンが原因のものをAGAと呼ぶわけです。

まぁ、ハゲにもいろいろありますが、一般的にハゲと言えばこのAGAを指すと言ってもいいでしょう。

 

AGAの特徴

AGAは思春期以降に前頭部や、頭頂部の髪の毛が薄くなるのが大きな特徴です。

ちなみに、円形脱毛症などは、一部だけが抜け落ちるものなので、AGAとは全く違ったハゲ方をします。

 

ハゲ方のイメージはこんな感じです。

AGA特徴

前頭部から薄くなるパターン、生え際が後退していくパターン(いわゆるM字ハゲ)、頭頂部(つむじ)から薄くなるパターン、いくつが複合的に進行していくパターンなど、いくつかのパターンがあります。

※ちなみにこの薄毛の分類をハミルトン・ノーウッド分類といいます

 

実は髪の毛の本数は変わらない

AGAが進行すると、髪の毛の本数が減ると思われていますが、実は本数は減っていません。

 

軟毛と硬毛

人間の毛には軟毛硬毛の2種類があります。

「軟毛」は産毛のように細くて色の薄い毛で、よく見ないと生えてるのかどうかわからない毛と言ってもいいでしょう。
「硬毛」は髪の毛を始め、髭、ワキ毛などの、ぱっと見で毛だとわかる毛のことを言います。

で、薄毛は硬毛が軟毛化することによって起こるのです。

 

薄毛になるメカニズム

人間の毛にはヘアサイクルというものがあり、一定の周期で生え替わっています。
このヘアサイクルには3つの段階があります。

 髪の毛が成長する 成長期(2年~6年)
 髪の毛の成長が止まる 退行期(約2週間)
 髪の毛が抜けるのを待っている 休止期(約3ヶ月)

ヘアサイクル

で、このヘアサイクルが正常な間は大丈夫なんですが、男性ホルモンの影響で成長期が短くなってしまうことがあります。

ヘアサイクルについて詳しくはこちら

 

成長期が短くなると、髪の毛が太く長く育つ前に抜けてしまうので、細く弱々しい毛のまま抜けてしまいます。

つまり、硬毛になるはずの髪の毛が軟毛化のまま抜けてしまうわけです。
そして、さらにひどくなると髪の毛がほとんど成長しなくなり、皮膚の表面から出てくる前に抜けてしまうようになります。

上にAGAが進行しても髪の本数は変わってないと書きましたが、つまり、髪の毛がなくなるわけではないのだけど、細くて目立たなくなる、あるいは表皮から出てこなくなるので、なくなったように見える。

これがAGAです。

 

(まぁ、表皮から出てこなくなった毛は、見た目上はないのと同じなので、本数が少なくなっていると言ってもいいかもしれませんが)

 参考サイト:http://www.aga-news.jp/index.xhtml

改善率80%以上!最強の育毛法

若ハゲ番長がわずか3ヶ月で薄毛を克服した

最強の育毛法

クリニックでもその効果が確認されているその薄毛治療法は・・・

>>最強の育毛法について詳しくはこちら<<

 
※ビフォーアフターの写真もあります

 

[email protected]

[email protected]ます。

いち早く情報をゲットしたい方はぜひ友達になっておいてください( ´∀`)bグッ!

矢印

スマホの方

スマホの方はこちらをタップすれば友達登録ができます(*´ω`*)

友だち追加数

PCの方

PCの方はスマホから下のQRコードを読み込むか、L[email protected](@マークは必須です)

ではでは、LINEでお待ちしていますm(_ _)m

番長イチオシの育毛サプリBOSTON!

↓BOSTONについて詳しくはこちらをクリック↓

>>BOSTONの詳細レビューはこちら<<