どうも、若ハゲ番長です。

離婚しました。

いや、離婚してました、が正確か。

いやいや、実を言うと、「結婚しました」の報告をした時点で、まだ婚約しかしてなくて、そこから全然結婚の準備は進まず、うやむやになったままで、正式に結婚してませんでした。

役所に婚姻届だしてません。

だから、離婚ですらないです。

単に別れただけ。

 

でも、何年も一緒に生きてきたパートナーがいなくなるっていうのは、僕の感覚としては離婚と言う方がしっくりくるので、ここは離婚という表現で行きましょう。

※この文章は、純粋に自分のために書いています。
書きたいから書いているだけです。
言いたいことを言ってるだけです。
吐き出したいものをゲロっているだけです。
よって何の役にも立ちません。
それでも読みたい方はどうぞ。

光

実は、去年の年末くらいに離婚してました。

裏では報告してたので、知ってる方もいると思いますが、表では離婚の「り」の字も出してませんでした。

報告せねばと思いながら、結局、気が進まず・・・

いやまぁ、そりゃあ、気は進まないだろうよ、って感じなんですが・・・

最近、ようやく、文章にできるくらいに自分の中で整理ができたので、重い筆を上げたところです。

ほんと、筆がね。

いい筋トレになりそうなくらい重いです。

 

結局、

詳しい理由は書けないけど、

一言で言ってしまえば、

そういう運命だったと

言う他ない。

むしろ、それ以上の説明はすべてウソが入ってしまう。

言葉にすれば、うそうそうそ。

嘘だらけ。

 

すべての流れが、あらゆる出来事が、何もかもが、分かれる方向に作用して、抗うことができなかった。

「偶然」というには出来すぎているでしょう。

だから、運命だったと。

多分、どっちも悪いし、どっちも悪くない

だから、そういう運命だったと。

それ以上の説明は要らない。

むしろ、してはいけない。

語り得ぬことについては沈黙しておこうと。

 

裏では報告していたとおり、恋愛活動も年明けくらいからいろいろやってました。

でも、それはわりと勢いだったというか、何かをごまかそうと必死だったというか、

一種のヤケッパチだったと。

そういえば、自分でも「やけっぱち」だと言ってたな(笑)

吹っ切れたつもりでいたのは、頭で考えている自分だけで、内心、1ミリも吹っ切れてなかった

吹っ切れたふりをして、必死に自分を騙そうとしてた、半年間だったなと。

 

まさか半年も、自分をごまかしていることに気づきすらしないとは。

それだけ、大きな出来事だったと言うことなんでしょう。

多分、番長の更新頻度がやけに上がったのもヤケッパチの一種です(笑)

 

 

特に、4月くらいから、もはやごまかしがきかなくなって、

恋愛活動も当初の予想に反して、全く、びっくりするくらい、うまく行かず。

うまくいかない理由が自分では全然わからなかったんだけど、師匠から

「え?なんで、それ、行かなかったの?」

と言われて、ハッとした。

 

女性といい感じになりそうになると、自分の方から逃げてしまう。

女性から好意を向けられるのが怖い。

だから、行かなかった。

自分の方から全力でブレーキを踏んでるんだから、そりゃあ、うまくいかないのは当然でしょうよ。

恋愛がうまくいかない理由。

必死にそれを考えてて、ようやく、気づいた。

 

あ、そうか。
全然、離婚のショックから立ち直れてないだけか。

 

「ショックなんてなかった」というつもりでいたけど。

実は尋常じゃないくらいショック受けてて、そこから目をそらして、必死に平気なフリしてただけ。

痛みと向き合うのが怖くて、単に逃げてただけなんだと。

 

それに気づけたのが5月くらい。

で、ようやく最近、結論にたどり着きました。

 

 

死ぬまで彼女を愛そう

 

 

と。

 

これは別に「愛は永遠なんだ」みたいなかっこいい話ではなく、

自分が生きていくためにはそうする以外になかった

というとても消極的な理由でそうなってるだけです。

他にもいろいろ試してみた結果、それ以外に方法がなかったっていう。

消去法で残った答えがそれだったというだけ。

 

だって、無理じゃない

忘れろって言われたって。

彼女を忘れることは、自分自身の半分を否定すること。

別れた直後、

「半身を失ったような感覚」

という言葉を使ったけど、これが本当にそのとおりだったんだなと。

失った直後は気づいていた。

一緒にいた時間は長すぎて、

もはや彼女が自分の半分になっていたんだと。

でも、「何がなんでも前を向かなきゃ」という謎のポジティブシンキングにかき消されて、気づいていたはずの真実が見えなくなっていた。

 

もはや、彼女は自分の一部なのだから、彼女を忘れようとする行為は、そのまま自己を否定する行為なんだと。

離婚ショックから立ち直れてないんだと気づいてから、相談した人には言われた。

「彼女を思い出すようなものは、全部捨てなさい」と。

確かに、モノレベルで思い出の詰まったものはいっぱいあるし、今も家に残ってる。

だから、人に相談すると、彼女を思い出してしまうようなものは全部捨てろという理屈はわかる。

 

でもね。

モノなんて本当に表面的なものでしかなくて、

もっと根源的なレベルで彼女と僕は分離不可能な状態になっている。

モノを捨てれば忘れられるなんて、単純なものじゃない。

自分自身の思考パターンだったり、言い回しだったり、価値観だったり、

もはや無意識レベルで彼女は僕の中に入り込んでいる。

それを否定なんて、できるわけがないでしょう。

 

どんなにボケたって自分自身は忘れられない

彼女はもはや僕という人間の半分を構成してる。

だから、忘れられるわけがない。

忘れられないのなら、一生抱えて生きていく以外にない。

そうか、死ぬまで彼女を愛せばいいんだ、と。

この結論にたどり着くまで、かれこれ半年もかかりました

 

いや、だからなんだって話なんですけど、

結婚の報告もブログでしたし、離婚の報告もしておくべきだろうと。

むしろ、書かずにはいられなくなって、僕が書いているだけなんですが。。。

 

 

とりあえず、まだ生きている人は、大切なひとに「愛している」と言っておいてください。

なんなら、毎日、おはようと一緒にいいましょう。

「愛している」と。

嘘でもいいです。

嘘でも言い続ければ真実になります。

言えずに後悔するくらいなら、嘘でもいいから言っておいた方がいいです。

 

 

 

 

結婚を決めた時点で、確信があったはず。

愛は変わらないと。

人間はそんな大事なことすら忘れてしまう、

おバカな生き物。

でも、忘れていただけで、愛は消えてなくなったりはしない。

もし、決定的な亀裂が入る前に、それを思い出していたら、と思わないことはないけど、というかまだいっつも思うけど。

それはもう過ぎたことだから。

 

 

 

 

 

ああ、やっと自分のやりたいこと、やりたかったことがハッキリした。

愛したかったんだ。

愛を伝えたかったんだ。

これで、やっと前に進める。

傷つき、傷つけ、ドロドロになって、血まみれになって、前に進む以外に道はないんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

迷い続けろ。

割り切ろうとするな。

絶望を抱えたまま生きろ。

それが人生だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

限定キャンペーン

https://line.me/ti/p/%40moa1611t